増築・改築にかかる費用の相場

もっと広くて快適な家にしたい!!と思っても、なかなか増築まで踏み切る勇気はない・・という方もいらっしゃると思います。

ですが、思っていたよりも、みてみると増築、改築というのは規模が小さいところでも対応してもらえるようですし、「そんなちょっとでなにが変わるの?」と思ってしまうような増築でも、BEFORE、AFTERをみてみるとかなり違っていて、確かに増築・改築の意味があったな、と感じられる施工例も多くあります。

というわけで、増築、改築についてちょっと調べた結果をご紹介させていただければと思います。
まず、一般的に増築や改築にかかったリフォーム費用はどのくらいなのか、というところからお話してみると、100~400万円、1000万円以上、という料金帯が特に多い傾向にあるようです。
戸建の増築を含む工事のほぼ半数がこの料金帯だったというデータがあるようですが、
もう少し、どのくらいの工事でいくらくらいなの?というのがわかるようにご紹介してみたいと思います。

まず、キッチンの作業スペースを広げるために、もともと壁に設置されていたキッチンで、出窓が壁にあったお部屋の増築を行い、窓も壁に2か所設置する増築を行う、という増築の規模・面積としてはかなり小さいものの施工例でかかったリフォーム費用は、250万円となっています。

また玄関へと繋がる廊下の部分が圧迫感があるので開放的な感じにしたいということで行われたリフォームの例では、床のフローリング、壁の下処理とクロス貼り、開き戸だった玄関を開放的で光の差し込むガラスの引き戸にする、というリフォームの例、増築となったのは、玄関収納をもう少し広く、ということだったそうですが、かかったリフォーム費用は250万円、これだけでこんなにかわるのかと思えるような仕上がりになっています。

また、リビングを約2畳増築し、壁だった部分を大きな開口にすることで、広さもプラスし、かつ明るく、開放的なリビングへと変身させた増築の例でかかったリフォーム費用は270万円ということでした。

もっと他にも施工例が色々と紹介されています。
こちらで紹介したような、かなり少ないスペースの増築でもかなりの差がでるのだ、ということも実際の例を参考にしていただけるとかなり意味のあるものに感じていただけるのではないかと思います。

増築・改築 費用の相場はこちら

最新記事